貸倉庫を利用して初期費用を抑える|会社の移転も簡単

男性

サイズで費用が変わる

スーツのメンズ

貸し倉庫を借りるには月々の費用がかかりますが、それは倉庫ごとで変化します。貸し倉庫の広さによって料金は大きく変わりますが、相場としては1畳は1万前後、2畳では2万前後がかかり、3畳になると3万から6万ほどというようにサイズが大きな貸し倉庫がより高くなります。貸し倉庫のサイズの他にも倉庫が設置されている土地によっても料金は変動し、土地が高いところでは貸し倉庫にかかる月々の費用も高いことが多いです。都心部で倉庫をお得に借りたいなら中大型のタイプを選ぶと少し安くなります。同じ都道府県内でも地区ごとに料金は変わるので、もしも会社のすぐ近くに安い貸し倉庫がなかった場合は少し地区をずらして探してみましょう。遠い場所では倉庫の利用が面倒になるため、あまり距離が離れずに安い場所を探すことが大切です。貸し倉庫にかかる費用は月々のもの以外にも保証金や敷金礼金がかかることがほとんどです。貸し出しを行なう業者ごとでこの料金は変わるため、月ごとの費用以外にも契約時に必要となる費用を比較して業者を選びましょう。大体の目安として一般的に、保証金は半年分、敷金礼金は3ヶ月前後分を用意しています。
倉庫の貸し出し料金はサイズによって違うため、利用目的に応じたサイズの倉庫を選ぶことが大切です。会社ごとで倉庫の利用方法は異なりますが、商品管理以外にも使わない書類や資料の管理に用いることも可能です。そういった場合は小さなスペースの倉庫で済むため費用も安くなります。